ラスベガスカジノ ドレスコードを守ったほうが良い

  • 投稿日:
  • by

ギャンブルと言えば、アメリカが本場だというイメージが強かった為、実際に遊ぶ事になった時は、少し緊張感があったね。

失敗はしたくないと思ったので、ラスベガスカジノ ドレスコードについても、現地の知り合いにアドバイスを受けながら、オーダーメイドスーツで参加を決定。

ブランド物のかしこまり過ぎないスーツと革靴、同伴女性は露出が少ないレースのワンピを、ラスベガスカジノ ドレスコードとして着用。

入り口では警備員を兼ねたスタッフが、ラスベガスカジノ ドレスコードをさりげなくチェックしているように感じたし、実際にサンダルや短パンで入ろうとした人は、注意を受けてた。

以前と比べれば一般人にも入りやすくなったようですが、やはり歴史と格式がありますし、高級なところではラスベガスカジノ ドレスコードを守ったほうが良いと思う。

実際に中でパーティーをしているのかと思うほど、利用者が華やかな雰囲気だったから、カジュアル過ぎる服装は控えたほうが無難。